Diary – 監督日記

竹の花

私が生きている間に、竹の花を見られることはあるんだろうか、と思っていたので、自分の目で見られた時は、なんとも言えず神秘的な気持ちになりました。
May/08/2019/作成者: yashiho

「全体を学ぶ学校」開講のお知らせ

いよいよ、今年度から、アースマンシップの「全体を学ぶ学校」が開講します。 第1回目となる今回は、私もお話をさせていただきます。GWの美しい季節、ぜひ武川にお出かけください!
Apr/19/2019/作成者: yashiho

14歳で被爆した、女性詩人橋爪文さんのおはなし

ことの始まりは、昨年、友人からプレゼントしていただいた一冊の本でした。
Apr/19/2019/作成者: yashiho

「ワンズ・アイズ映画祭 VOL.1ともに生きぬく」ご報告

「ワンズ・アイズ映画祭 VOL.1ともに生きぬく…
Apr/16/2019/作成者: yashiho

ワンズ・アイズ映画祭 『KOTOKO』を上映します!

塚本監督の作品を見るたびに思うことは、映画を身体で観る、という感覚。まさにその世界を体感するのです。こういう映画をどうしたら作れるんだろう、と思います。
Apr/13/2019/作成者: yashiho

ワンズ・アイズ映画祭 『家族の軌跡 ~3.11の記憶から~』上映

震災で起きてしまった福島原発事故は、わたしたちの代では解決できない。だから、わたしたちは代を越えて、このことを語り継いでいかなければいけないと、大西監督は語っています。
Apr/12/2019/作成者: yashiho

「福島の声を聞こう!」へ行ってきました。

放射能汚染についても、原発問題も、基地問題も、東京に住む人間がするべきことを考え続けていかなければとあらためて思います。
Apr/08/2019/作成者: yashiho

ワンズ・アイズ映画祭 『願いと揺らぎ』を上映します!

この作品は私にとって、ここ数年の中で観た国内のドキュメンタリー映画の中でも、最も心揺さぶられた作品のひとつです。
Apr/08/2019/作成者: yashiho

ワンズ・アイズ映画祭 『被ばく牛と生きる』

被災して自分たちの暮らしもままならない中で、必死に牛を守ろうとする姿に、これまで精魂込めて牛と付き合ってきた牛飼いとしてのプライドと、この牛たちはわたしたちでもあるんだ、という叫びが聞こえてくるようでした。
Apr/05/2019/作成者: yashiho

様々な映画を観られる場を作っていくということ

見ず知らずの人たちが、同じ暗闇の空間の中に集まり、ある一定の時間、ひとつの体験を共有していくという最高にぜいたくで豊かな「映画を観る」という行為そのものをみんなで楽しみたい、という思いがある。
Mar/31/2019/作成者: yashiho

ワンズ・アイズ映画祭開催します!

東京・小金井発 ワンズ・アイズ映画祭開催します!
Mar/11/2019/作成者: yashiho

BE-PAL 8月号「PEOPLE 」に取り上げていただきました!

BE-PAL 8月号のPEOPLEに取り上げていただきました!
Nov/19/2018/作成者: yashiho