Diary – 監督日記

『里守人と馬頭琴』(仮題)映像制作プロジェクトの経過報告と「第10回美炎・馬頭琴の調べ」のご案内

新型コロナウィルス感染の影響により、様々な制限の中に身を置くことが多い半年でしたが、だからこそ山の中の美しい天然ホールで行われる〝とびきりの演奏会〟をみなさまに楽しんでいただきたいと、主催者のみなさん、演奏者のみなさんは、心を尽くして準備を進めていらっしゃいます。
Aug/28/2020/作成者: yashiho

映画「からむしのこえ」を観て

「からむしのこえ」はとても丁寧に仕事の工程と、人々の思い、受け継がれてきた精神性が総合的に描かれていて、胸が熱くなった。
Feb/19/2020/作成者: yashiho

プロジェクト開始!の告知映像ができました。

『里守人と馬頭琴(仮題)』映像制作プロジェクトの4分の告知映像です。棚田コンサートの雰囲気、梅平の風景や清々しい空気などが伝わったらなと思います。
Feb/07/2020/作成者: yashiho

日テレのevery.で上関原発について取り上げられたニュースを見て

自治体は、利益を上げること最優先の企業本位ではなく、税金をおさめている住民、その地に暮らす人々、その自然のなかで生息している生きものたちを最優先にして動くべきと思います。計画が進まなかったことで、国内でも稀に見る自然環境が今現在も残っている田ノ浦周辺、川棚川流域が、失ってはいけない最も価値のあるものだと私は思います。
Jan/27/2020/作成者: yashiho

この度、新しい映像制作プロジェクトが始動しました!

この度、『里守人と馬頭琴(仮題)』映像製作プロジェクトが動き始めました。舞台は栃木県那珂川町梅平地区。これから一年かけて、梅平地区のみなさんの暮らしぶりや、地域の歴史を辿りながら撮影をすすめていきます。
Jan/19/2020/作成者: yashiho

6年目、ポレポレ東中野での初日は盛況でした!

映画「ある精肉店のはなし」をDVD化しないわけ
Nov/25/2019/作成者: yashiho

KAWASAKIしんゆり映画祭映画「主戦場」の上映取り下げについて

10月30日に映画祭内でオープンマイクのイベントを呼びかけます。市民ボランティアの方、映画に関わる方、そして一般の方とご一緒に、この問題を共有し議論する場にしたい思います。そしてこの会期中に映画祭内での「主戦場」の上映を実現するためにはどうしたらいいのか具体的に考える場にしたいと思います。
Oct/29/2019/作成者: yashiho

あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」について

日本が戦争でどれほどの加害をし、そして被害を受けたのか、その事実と向き合い、すくなくとも日本という国が存続しているかぎりは、学び続け、語り続けることを強く望みます。
Aug/06/2019/作成者: Films

街へ出よう、人と出会おう、共に考えよう

選挙を通して表現されるそれぞれの個性というものが、ほんとうに面白いなあと思った。これほどまでに、現時点での社会問題からはじまり、それぞれの趣向や考え、価値観、主張、生き方さえも出し合えるチャンスって、他にはなかなかないのではないかなと思う。
Jul/29/2019/作成者: yashiho

参議院選挙が目前に迫る中…

普段だったら通り過ぎるだけのお家に、一軒、一軒、正対して、配布物をポストにいれる。ただそれだけなのだが、その家から感じられることがたくさんある。
Jul/17/2019/作成者: yashiho

シネマ・チュプキ・タバタに行ってきました!

〝ミラクル〟という言葉がずっと頭から離れないような、そんな映画館でした。たくさんの想いが、隅から隅まで詰まっているシネマ・チュプキ・タバタ。小さな映画館は、まるでお家にいるような居心地の良さでした。
Jul/07/2019/作成者: yashiho

映画『太陽がほしい』を応援しています!

班さんは、戦時中に性暴力被害にあった中国人女性たちのもとへ通い続け、本や映像にまとめてきました。4作目となる映画『太陽がほしい』は、2015年から国内での上映を続けてきましたが、劇場版として再編集したものが、いくつかの海外映画祭で最高賞を受賞し、今夏に渋谷のアップリンクをはじめ劇場公開を予定しています。
Jul/06/2019/作成者: yashiho